日々の話

Art Photo Tokyoに行ってきました

サウンドクリエイターの荒井智典(@incho3)です。こんちわ。

渋谷の再開発で解体される予定のビル「エレクトーンシティ渋谷」全体を使ったアートイベント「ARIGATO SAKURAGAOKA」を見てきました!

普段それほど芸術に触れる機会はないので、とっても楽しませていただきました。

ちなみにこのビルは私の元職場。取り壊される前に見ておきたいという思いもあります。

再開発で消える『エレクトーンシティ渋谷』現在、渋谷駅南西部の再開発のため桜丘町周辺の解体工事が進められている最中です。 この再開発地区にエレクトーンシティ渋谷というヤマハのビルが含まれています。この施設、私にとってはエレクトーン専攻の学生時代、さらにヤマハでのクリエイター時代と、人生の半分ぐらいにおいて関わってきた非常に縁の深い建物なんです。...

そもそもビルがアーティステック?

この「エレクトーンシティ渋谷」というビル、元々はボウリング場だったらしく、しかもかなり古いので、消防法なども適用されているのか不明な構造です。エスカレーターはもちろん、エレベーターすらありません。

この複雑な構造を逆に活かし、まるで迷路のような空間をアート展示に効果的に使用していました。ウロウロするだけでも楽しめます。

2F

まずは2Fフロア。アラーキーや蜷川実花などの私でも知っているアーティストから、新進気鋭の前衛的アーティストの作品まで幅広く展示されています。動画作品もありました。

周辺の渋谷を題材にした写真展示も多かったです。

この写真、実に不思議。右半分は渋谷で、左半分は海外の都市。よくこんなの思いつくなぁ…。

3F

3Fでは故・樹木希林さんの写真展やTOYO TIRESによるタイヤアート、個室での各アーティストの写真展示。さらに大ホールでは坂本龍一プロデュースのアート音楽空間が公開されています。

4F

4Fは主に映像作品、5Fはポップで可愛らしい絵が展示されてました。

屋上にはDJブースが設置してあり、BARがオープンしてました。夜は壁面投影の映像作品が見れるそうです。

単純に楽しい!

芸術作品、たまに見ると非常に面白いですね。食わず嫌いで敬遠していてはもったいない。

よくいるじゃないですか。芸術を「ワカラン」の一言で切り捨てるオジサンとか。これは人生もったいないです

理解できなくても、単純に眺めて楽しむだけでも人生豊かになります。

もちろん、ジャンルは違えど、私も同じクリエイターという立場。

本来であればこういったアート作品から作曲のインスピレーションを湧かせるのが理想的なのかもしれませんが、まだそこまでは達していないようです。あんまり作曲のインスピレーションに繋がりません(笑)

まあ、無理に自分の作品につなげようとはせず、単純に楽しむだけでも充分に面白いです。今後はもっと積極的にアートイベントに足を運んでみたいとおもいます。

渋谷スクランブルスクエアの展望フロア「SIBUYA SKY」に行ってきたよ2019年11月にオープンした渋谷の新施設「渋谷スクランブルスクエア」に行ってきました!都内全域が見渡せる展望フロアは超絶景にして、高所恐怖症には地獄のような場所です。...
新しいものと変化こそが感動を生む中1の娘と都内に行ってきました。千葉県民の私達にはちょっとした小旅行です。中1ともなると渋谷やら原宿やらに興味が出てくる年頃です。ついこの前までヨチヨチ歩きだった気がするのになぁ…(笑)...
関連記事はこちら
専業主夫

【小学校】2学期は給食室改装のため週3で弁当という試練を乗り越えた結果!

2020年1月7日
STUDIO-incho3 サウンドクリエーター 荒井智典 オフィシャルサイト
小4の息子が通う小学校ですが、なんと給食室の改装工事のため2学期は弁当持参という恐ろしい事態になっておりました。主夫業を数年こなし、日々の …