おすすめ本

【あるかしら書店】クリエイターにおすすめ書籍

サウンドクリエイターのインチョー荒井(@incho3)です。こんちわ。

このブログでは、クリエイターの創作活動にオススメできる本の紹介もしていきます。

今回はコチラ!

ヨシタケシンスケ「あるかしら書店」

イラストエッセイ的な内容

絵本作家 ヨシタケシンスケさんによる、イラストエッセイとでも言うべき本。

この人の絵本、本当に面白いです! 私は「もうぬげない」という絵本を買ったときからの大ファンです。

大人にも超おすすめの絵本ですよ。

妄想書店

今回の「あるかしら書店」ですが、帯によると「妄想書店」とのこと。ちょっと変わった「本にまつわる本やアイテム」がたくさん置いてあります。

2人で一緒に読まなくてはならない「上下に別れた本」、月の光に当てると文字が浮き出る「月光本」などなど…。文字だと伝えにくいので、ごく一部をご紹介!

カバー変更器!面白すぎます!実際にあったら超ほしい。よくこんなの思いつくなぁ…。

全編にわたって、思いもかけない本やアイテムが登場します。

アイディアの宝庫

クリエイターを生業とするならば、コツコツと努力を積み重ねるのも大事なのですが、それよりも柔軟な考え方とアイディアが大事です。

この本、まさにアイディアの宝庫です。普通の考え方をしていては、この本に出てくるようなアイテムなんて思いつきもしないでしょう。柔軟な思考が必要なクリエイターにこそ必須の一冊です!

都会のオアシス「銀座ソニーパーク」のアヲ GINZA TOKYOがスゴかったトラヤカフェのあんペーストを買いに銀座ソニーパークに来てみました。 入り口の巨大植物展示「アヲGINZA TOKYO」がとにかくスゴイ!銀座のど真ん中にジャングルが!プラントハンターってスゴイな…...
デジタルで作曲できる今こそ、五線譜を持ち歩こう!作曲してる皆さん、外出してるときに、ふと良いメロディが降りてくることってありませんか!?私はけっこうあります。電車の中、買い物中、音楽と関係ない仕事中など… どこでメロディを思いついてもいいように、五線譜ノートを持ち歩こう!...
関連記事はこちら