専業主夫

【みそ汁はおかずです】この本とホットクックで主夫メシは完璧!

毎晩のごはん作りを担当している兼業主夫サウンドクリエイター、インチョー荒井です。こんちわ。

以前に購入したシャープの自動調理器「ホットクック」のおかげで、毎日のご飯の準備がかなりの時短&おかず品質向上につながっており、家族の評価も上々です。

ただ、ホットクックで調理した場合だと「ごはん+ホットクックおかず1品」というパターンになりがちなため、もう少しおかずのバリエーションがほしいと常々思ってました。

もう一品作るのは面倒だし、スーパーの惣菜だと経済的にやや負担が上がってしまいます。

どうしようかと思っていたところ、本屋さんでちょうど良さそうなレシピ本を見つけたため購入してしまいました!

瀬尾幸子「みそ汁はおかずです」

購入した書籍はコチラ!

みそ汁はおかずらしい。

料理研究家の瀬尾幸子さん著「みそ汁はおかずです」。2017年初版ですが、今なお重版されているベストセラーです。

まずタイトルがいいですね。「カレーは飲み物です」的な説得力を感じます。みそ汁はおかずなんです!おかずな理由は以下のとおり!

  • とっても具だくさん!
  • お腹いっぱいになる!
  • みそがあれば作れる!
  • 誰でも簡単に作れる!
  • 野菜がたくさん食べられる!

たしかに掲載されているレシピの具の量はかなり多めです。実際に作ってみるとこれ一品でおかずとして成り立ちます。さすが「みそ汁はおかずです」。

レシピが超豊富

特徴的なのが掲載されているレシピの量です。目次の1ページ目だけでもすごい種類!これがあと2ページ分あります。

使用する具も豊富

そして、みそ汁に使用する具もとっても豊富です。上の目次を見ただけでも「カレー粉」「刺し身」「ランチョンミート」など、普段みそ汁には使わなそうな具もたくさんあります。

しかも、これらの具は自分で組み合わせを変えればバリエーションは無限大です。自分で新しいレシピを考える際の参考にもなります。これは楽しい!

実際に作ってみた

実際にいくつかのレシピを作ってみましたので、そのなかからオススメのものをご紹介します!

大根+鶏ひき肉+大根の葉

本の中では「おなじみの食材」として一番最初に紹介されています。鶏ひき肉ををだんご状に丸める手間はちょっとありますが、やはりお肉が入るとみそ汁は一味違います。ボリューム満点で、まさに「おかず」なみそ汁。

大根と鶏ひき肉のみそ汁

豆腐+みょうが

超シンプルでお手軽に作れるのが魅力。実は私、今までみょうがって食べたことありませんでした…。というか、食べる機会がなかったです。みそ汁に入れると、独特の風味で美味しいんですね…。

今後は他の料理にも積極的にみょうがを取り入れてみたいと思います!

えのきだけ+ベーコン

みそ汁としてはあまり思い浮かばないめずらしい組み合わせ。えのきの出汁と風味が、ベーコンの油っぽさと意外にもよく合います。作るのもカンタン。

えのきたけとベーコンのみそ汁

白菜+サバ缶+にんじん

もうなんか、みそ汁というより「鍋物」に近いです。サバ缶の汁も入れてるので、だしをいれなくても美味しいです。冷蔵庫の残り物でできそうな一品。

白菜とサバ缶と人参のみそ汁

トマト+オクラ

夏野菜のみそ汁。トマトの酸味でさっぱりと仕上がります。ナスやズッキーニを追加しても合いそうです。

トマトとオクラのみそ汁

さつまいも+豚薄切り肉+にんにく

町内会の芋煮会で作ってそうなレシピです。にんにくを入れると香りが立ち、風味も一気に変わります。個人的には一番気に入っています。

毎晩のおかずに是非!

ほかにもオススメのレシピはたくさん掲載されていますが、キリがないのでこの辺にしときます(笑)

全体的にボリュームたっぷりなうえ、普段使わないような具がたくさん使われているのでバリエーションも豊富です。

作るのも割とカンタンで、時間も手間もかかりません。仕事の忙しい主夫の皆さんには、ぜひオススメの一冊です!

関連記事はこちら
おすすめ本

【藁を手に旅に出よう “伝説の人事部長”による「働き方」の教室】多角的な視点を持つことの重要性

2021年3月8日
STUDIO-incho3 サウンドクリエーター 荒井智典 オフィシャルサイト
フリーランスにオススメの書籍、今回は「藁を手に旅に出よう “伝説の人事部長”による「働き方」の教室」をご紹介します。 「これからの働 …