音楽の話

デジタルで作曲できる今こそ、五線譜を持ち歩こう!

作曲してる皆さん、外出してるときに、ふと良いメロディが降りてくることってありませんか!?私はけっこうあります。電車の中、買い物中、音楽と関係ない仕事中など…

キタ━━☆゚・*:.:(゚∀゚)゚・*:..:━━━!! ってなりますよね。自分が天才なんじゃないかと思う瞬間です(笑)

しかしですね…良い!って思ったメロディほど、いざPCの前に座って制作を開始しようとすると思い出せないんですよ…。これ、経験してる人は多いと思います。

ということで、最近はどこでメロディを思いついても大丈夫なように、五線譜を持ち歩くことにしています。

インチョー

スマホに鼻歌を録音するのもアリだけど、電車の中とかでは出来ませんからねぇ。

ヨメサン

たまに電車の中でイヤホン聞きながら歌ってる人いるけどね。

音楽制作にサブPCはやはり必要。今はまだタブレットよりノートPCを選ぼう 以前、私は音楽制作のメインPCとしてMacBook Proに24インチの外部モニターを接続して使用していました。 こうすることに...

五線譜持ち歩き

思いついたら書き留める

私、今までは曲を作り始める際、基本的にまずは何も考えずにDAWを立ち上げ、いきなり制作を開始していました。

BGMの場合はこの方法でもスムーズに進むのですが、歌モノの場合はメロディやコード進行がすぐに思いつかず、とっかかりが悪くなることがあります。

でも、普段から思いついたメロディを五線譜に書き留めておけばアイディアのストックも貯まり、制作もスムーズに進みます。

思いついたメロディはすぐに五線に書き留める!

アナログなやり方ではありますが効果はかなり高く、PCを立ち上げた直後の作業速度が大幅に上がりました!これを習慣にできれば作業効率もアップするし、制作できる曲数も増えると思います。

特に楽曲コンペに参加している人ならば、メロディのストックは多いに越したことはありません。どんどん書き溜めていきましょう!

おすすめの五線ノート

ということで、いろいろな五線譜ノートを試してみた結果、マルマンのB5リングノートタイプに落ち着きました。楽器屋さん、ロフトや東急ハンズなどで売ってます。

Amazonにもありました。こちらはB5サイズで12段。

B5サイズ10段のタイプもあります。五線が大きくて書きやすく、思いついたフレーズをすぐに書き留める用途であれば、こちらのほうがオススメです。

ルーズリーフタイプの五線譜もありますが、今回のように持ち歩いて使うのであればリングノートのほうが個人的には使いやすかったです。

リングノートとフリクションが最強

楽譜を書くペンですが、これはフリクションボール1択です!

もちろん、楽譜をきれいに仕上げるのが目的であれば、万年筆タイプのカリグラフィーペンのほうが優れています。先の太さを自由に変化させられるので、8分音符のヒゲや休符を美しく書くことができます。

しかし、思いついたメロディを書き記しておくだけならばフリクションボールのほうが断然使い勝手が良いです

フリクションボールは文字を消すことができるため、楽譜の書き直しが容易です。値段も安く、まさに楽譜を書くためにあるようなボールペンと言えます!

五線リングノートとフリクションボールを持ち歩いていれば、いつメロディを思いついても安心ですよ~。

楽曲コンペ!それは挑戦の日々プロ作曲家への登竜門、楽曲コンペをご存知でしょうか? 世の中に出回っているアーティストの楽曲の多くは、作曲家・作詞家から募集した作品から選出する「コンペ形式」で採用されています。私もダメ人間からの脱却を目指していた2010ぐらいからコンペ参加を続けています。一般的な平均勝率はわずか1%!勝ち残れるか!?...
関連記事はこちら
音楽の話

楽曲コンペ!できれば準備したい機材

2018年11月18日
STUDIO-incho3 サウンドクリエーター 荒井智典 オフィシャルサイト
前回、楽曲コンペに参加するために必要な最低限の設備をご紹介しました。 今回はさらに制作の効率化とクオリティUPを図るため、追加であったほうが良い機材をご紹介します。具体的に …