考え方・働き方

AIやキャッシュレスが普及して、コンビニバイトがなくなってしまうらしい

サウンドクリエイターの荒井智典(@incho3)です。こんちわ。

先日のNHKニュースによると、コンビニ大手各社が24時間営業の見直しとともに「自販機コンビニ」の設置に力を入れているようです。

現時点ではオフィスや病院、工場地帯などでの展開をメインに考えているようですが、近い将来、かならず一般のコンビニも無人化されると思います。

コンビニのバイトは過去の職業になってしまうのかな。

無気力は感染する。不遇を嘆くヒマがあったら、自ら動いて環境を変えよう!まわりが意識の低い人たちばかりなのであれば、思い切って環境を変えてしまったほうが自分の成長につながります。「現状維持をしようとしていては、現状維持すらもできない」私が常に意識している言葉です。日々、変化することを意識しよう。良くも悪くも、変化することが成長につながるはずです。...

無人コンビニ普及中

コンビニバイトといえば「レジ打ち」「商品陳列」「接客」などなど…忙しいわりには時給が安い仕事の代表格です。

これらの仕事がすべて機械で可能なのであれば、経営者としては相当なメリットですよね。人件費は相当に浮きます。

実際、大手スーパーではセルフレジは普通に設置しているし、コンビニの無人化はそれほど難しい話ではないように感じます。

防犯に関して問題点を指摘する人もいるようですが、決済自体をカード専用にしたり、将来的に商品を持ってお店を出るだけでキャッシュレス決済が出来るようになってしまえば、万引なんて不可能になってしまいますね。

さらに言えば、コンビニのバイトは忙しいわりには学べることが多くありません。すなわち生産性が低い

今現在の、学生のお金を稼ぐ手段が「とりあえずコンビニ」という風潮を破壊し、「稼ぐ方法を学ぶ」時間にあてられるようになるハズです。

こうしてみると、結構メリットは大きい気がします。

他人事でもない

コンビニだけではなく、この先ロボットやAIに奪われる職業は一気に増えていくと思います。

以前にわたしがやっていた倉庫ピッキング作業工場のライン工、これらは最初に消えてなくなってしまうでしょう。

レジ打ちやドライバーの仕事も少しずつ減っていくと思います。

自分で価値を作り出すことができないと、今後はホントにヤバい時代になっていくのだと思います。

私は作曲という仕事をしていますが、これだって何も考えずに仕事をしていたら、あっというまに失業します。

だってAIが作曲とかする時代ですからねぇ。

のんびり仕事してる場合じゃありません。価値を生み出す仕事を、全力で楽しまないといけない時代はもう来ています!

広告収入と印税収入が同時に入金され、労働が全てではないと理解した話2017年、アフィリエイト収入と音楽の印税収入が少額ながらも同時に入り、会社勤めだけが収入源ではないと実感しました。お金を稼ぐ手段はかなり増えています。...
関連記事はこちら