音楽の話

【ジョージ・ウィンストン】癒しのピアノ曲12選。箱根彫刻の森美術館の曲だけじゃないよ

先日、なにげなくApple musicでヒーリングミュージックをランダムで聴いていると、昔どっかで聴いたことがある曲が流れてきました。

コレ↓

ヨメサン

この曲、なんの曲だっけ…?むかし聞いたことあるような…?

インチョー

これは確か…箱根どうぶつの森美術館?

ヨメサン

どうぶつじゃなくて彫刻だろ(笑)
ゲームやりすぎだアホ。

インチョー

あ、アホって…(涙)

…などという夫婦のやりとりは置いておき、この曲はアメリカ出身のピアニスト「ジョージ・ウィンストン」の「Longing/Love」という曲です。

日本ではこの曲ばかりやたら有名ですが、実は他にもヒーリング、ニューエイジ系の素晴らしい音楽をたくさんリリースしています。

今回はジョージ・ウィンストンの曲の中から何曲かご紹介しようと思います。

【ポール・モーリア】人気・有名楽曲10選-ヒーリングミュージックのパイオニアイージーリスニング、ヒーリングミュージックを語るなら「ポール・モーリア」を外すわけにはいきません。1925年生まれのフランスの音楽家で、日本では60年代後半から現代までさまざまなメディアで楽曲が使用されています。日本におけるヒーリングミュージック・ブームの立役者と言える存在です。...

ピアニスト ジョージ・ウィンストン

生い立ち

ジョージ・ウィンストンはアメリカ合衆国ミシガン州生まれの作曲家・ピアニストです。自然風景や季節をモチーフとした楽曲を多数発表しており、ヒーリングミュージック作曲家として世界中で人気を集めています。

2度にわたる癌と、骨髄異形成症候群という大病を患いながらも音楽活動を続け、2017年に「Spring Carousel」2019年に「Restless Wind」をアルバムを発売し、近年も精力的に活動を続けています。

created by Rinker
¥1,786 (2021/06/19 13:09:05時点 楽天市場調べ-詳細)

癒しの名曲12選

Longing / Love

まずはやはりこの曲。アルバム「Autumn」収録で、日本では『あこがれ/愛』というタイトルで広く知られています。

上述の「箱根彫刻の森美術館」(正確には天気予報のBGMとして使用され、その背景動画がこの美術館だった)や、トヨタ クレスタのCMで使用され、爆発的な人気となりました。

どこか物哀しいイントロから始まり、印象的で美しいメロディへと続きます。他に比類のない透明感のある楽曲です。

Colors / Dance

アルバム「Autumn」の1曲目に収録された曲。前半に繰り返されるアルペジオは、アルバムタイトル通りの秋の空気感と高い空をイメージさせ、後半は哀愁がありながらもドラマチックに展開していきます。

Moon

アルバム「Autumn」5曲目に収録されている曲。「秋の夜長」というよりは「物静かで月だけが美しく輝く夜の空気感」といったところでしょうか。終始美しく、飽きさせません。

また親日家として知られている彼は、中間部(4:14〜)に琴のイメージを入れたそうです。確かにこの部分だけ和の音階を使っており、非常に印象的です。

Thanksgiving

アルバム「DECEMBER」1曲目に収録された曲。冬をイメージしたアルバムのイメージ通り、音もなく降り注ぐ粉雪の風景を思い起こさせます。

Joy

アルバム「DECEMBER」3曲目に収録された曲。「December」に収録されている曲は、どれも冬の寒さを連想させるものの、どこか温かみを感じさせる曲が多いです。

この曲も曇りのない透明な氷をイメージさせる反面、暖かさにあふれています。

Reflection

アルバム「Winter Into Spring」4曲目に収録された曲。

物悲しいアルペジオと、単音で単純ながら印象的なメロディ。どこか懐かしい風景を思い起こさせる曲です。

Rain

アルバム「Winter Into Spring」5曲目に収録された曲。

不安定さを感じさせる冒頭から、1:30〜の芯のあるループメロディに発展し、3:05〜からは一点、力強く奥深い表現に変化していきます。

ドラマチックな展開は非常にインパクトがあります。私の好きな曲の一つです。

Living in the Country

アルバム「Summer」1曲目に収録されています。

カントリーやポップスを思わせるノリの良いメロディは、アルバムジャケットのひまわりの風景をそのまま表現しているかのようです。思わず楽しい気分にさせられてしまう一曲。

Cloudy This Morning

アルバム「Forest」5曲目に収録されている曲。

この曲もタイトルどおり「曇り空の朝」をそのままイメージさせる曲です。爽やかというわけでもなく、かといって憂鬱というほどでもない、何気ない日常の風景を思い起こさせます。

Night Sky

アルバム「Forest」ラストの16曲目に収録されている曲。

単純なコード進行の中で展開される抽象的なメロディは、まさにヒーリングミュージックの王道と言えるかもしれません。ただなんとなく聴いているだけで心が安らぎます。

Valse Frontenac

アルバム「Montana:A Love Story」収録曲。

ジョージ・ウィンストンの曲の中では珍しい 6/8拍子の楽曲。クラシックピアノの定番曲を思わせる優しい曲です。

Autumn Wind (Pixie #11) 

2019年発売のアルバム「Restless Wind」収録曲。

最新アルバムの1曲目はジャズ要素を多分に含んだ、力強くテクニカルな楽曲です。なんとなくCDよりもライブで聴いてみたい曲ですね。

まとめ

日本では『あこがれ/愛』ばかりが注目されがちなジョージ・ウィンストンですが、上記のように数多くの名曲を世に出しています。

仕事中や勉強中、寝る前のBGMにするのにもオススメです。

まずは四季をイメージした4枚のアルバムから聴いてみると良いと思います!

created by Rinker
¥2,465 (2021/06/19 16:39:06時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,980 (2021/06/19 13:09:06時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事はこちら
音楽の話

【五線譜を持ち歩こう】デジタルで作曲できる今だからこそアナログの価値がある

2017年9月17日
STUDIO-incho3 サウンドクリエーター 荒井智典 オフィシャルサイト
作曲してる皆さん、外出してるときに、ふと良いメロディが降りてくることってありませんか!?私はけっこうあります。電車の中、買い物中、音楽と関 …