音楽の話

音楽制作にサブPCはやはり必要。今はまだタブレットよりノートPCを選ぼう

以前、私は音楽制作のメインPCとしてMacBook Proに24インチの外部モニターを接続して使用していました。

こうすることにより、普段の仕事はデスクトップPCのイメージで進め、移動する必要がある場合のみ外部モニターを外して持ち歩くというスタイルにしようと思ったワケです。

この制作環境で約3年間、フリーランスとして自宅で仕事をしていましたが、結局モニターを外してノートPCを持ち歩くことはあまり多くありませんでした。

なぜかと言うと、単純にHDMIケーブルやUSBケーブルをいちいち脱着するのが面倒だったから。

このMacBookはメモリやSSDなどをかなり大きめにしており、性能的には十分です。ただ、デスクトップ風に使用するのであれば、はっきり言って最初からデスクトップPCを使ったほうが同じ価格帯なら高性能です。

こんな理由もあり、メインの音楽制作用PCはiMacに変更し、MacBookはサブ機として使用することにしました。

貯金は意識せず、稼いだお金を自己投資に全部使うことにしてみるフリーランスのサウンドクリエイターとして独立して丸2年、ようやくある程度収入が安定してきたので、これからは貯金を意識せずに自己投資にお金を使ってみることにします。 お金を使うのって、けっこう度胸がいりますよね…。がんばって使うぞー!...
macOS CatalinaからMojaveへダウングレードしたら「Macintosh HD -Data」とかいうのが出来てたので削除したPCで音楽制作をする人間であれば「OSのアップグレードは周辺機器、ソフトウェアの対応状況が確認できるまで待つ」のが基本にして鉄則ですが、間違えてアップグレードしてしまった! 案の定トラブル多発。。...

全体的な仕事効率がアップ

メインのデスクトップPCとサブのノートPCを分けることによるメリットは結構多く、全体的に仕事効率はアップしたと思います。 

メリット①メインPCに余計なデータを入れなくて済む

PCが1台だと、本来の用途である音楽制作以外にも、動画編集やブログなどの作業に必要なアプリやデータを入れる必要があります。

これらの作業をサブPCに任せ、メインPCを音楽制作専用機として使用することにより、余計なメモリや容量がなくなるためPCの挙動がかなり安定します。

メリット②モニタやHDの接続の手間が省けるので機動力が上がる

PCの持ち出しが手軽になった分、私自身の機動力、行動範囲が確実に増えました。

ちょっとした作業のためにカフェに行ったり、レコーディングのためにノートPCを持ち出すための手間がかなり少なくなります。あと冬場はコタツの部屋に移動してブログ書いたりできて便利です。

どうしても部屋に引きこもりがちになるフリーのクリエイターにとって、手軽に移動できるようにしておくことは行動力アップにもつながるので非常に重要です。

メリット③破損や紛失等のリスクが大幅に減る

例えばノートPCを持ち出して外部スタジオでレコーディングし、それをそのまま編集できるというのはかなりのメリットではあるのですが、やはり不慮の事故によるPC破損や紛失のリスクはかなり怖いです。

PCを2つ持っておけば、少なくとも仕事が完全に対応不可能になる危険は避けられます。

サブ機はタブレットよりノートPC

サブ機として使用するのは、ノートPC以外にもiPadなどのタブレット端末という選択肢もあります。私もiPadを1台所有しています。

でも私の場合、今のところiPadを仕事に使用することはほぼありません

やはり性能面、使いやすさ、使用できるアプリ、バッテリーの持ち時間など、さまざまな点でMacBookのほうが有利です。iPadはブラウジング端末と割り切って使っています。

もちろん、近い将来にはタブレット端末がノートPCの性能を超えてくるのは間違いないでしょう。タブレット1台で本格的な音楽制作が出来るようになる日は近いと思っています。

でも2020年の今現在はノートPCを使うほうがずっと効率的です。

『クリエイティブを求めるならPC、消費者として楽しむならスマホ、タブレット』という構図はあと数年は続きます。クリエイターであれば、自身のクリエイティブは常に求め続けましょう。そのための機材に妥協してはいけません。

それを理解した上で、近い将来に訪れるであろう「タブレットメインの制作環境」に即時対応できるよう、日々研究は続けていきましょう。研究が役に立つ日は必ず来ます。

【ゲームと学力】小4の息子がドラクエ11をプレイしたら、語彙力と漢字力が一気に上がった話勉強と読書嫌いだった息子にSwitch版のドラゴンクエスト11をやらせたら、読解力と漢字力が一気に向上しました。読書嫌いの克服の第一歩に、ドラクエ11はかなり効果的かも?...
楽曲コンペ!作曲の段取りを実際の曲を使って大公開!楽曲コンペにおける作曲の具体的な手法・段取りを、実際に提出した楽曲をサンプルにして公開します。 楽曲コンペは発注から締め切りまでが1週間程度であることが多いです。作り始めはノリと勢い。時間をかけるべきは仮歌の調整。...
関連記事はこちら
音楽の話

【喜多郎】まず聞くべき不朽の名曲9選

2018年12月9日
STUDIO-incho3 サウンドクリエーター 荒井智典 オフィシャルサイト
今回は私がサウンドクリエイターとして最も衝撃を受けたアーティスト「喜多郎」の名曲をご紹介します。 喜多郎はシンセサイザー奏者として70年代から独自の世界観による楽曲を多数発 …
音楽の話

楽曲コンペ!できれば準備したい機材

2018年11月18日
STUDIO-incho3 サウンドクリエーター 荒井智典 オフィシャルサイト
前回、楽曲コンペに参加するために必要な最低限の設備をご紹介しました。 今回はさらに制作の効率化とクオリティUPを図るため、追加であったほうが良い機材をご紹介します。具体的に …