活動・告知

ヤマハ ボカロで歌うコミュニケーションロボット「Charlie(チャーリー)」サウンド制作担当しました

話しかけると、メロディーに乗せて歌って会話してくれるコミュニケーションロボット「Charlie(チャーリー)」。

ヤマハの開発した世界初の歌うコミュニケーションロボットです!

私、こちらの製品開発にサウンドクリエイターとして大きく関わらせていただいております!

ヤマハ英語教室 Kids&Englishアワード BGM/SEを担当しましたヤマハ英語教室の全国大会「KIDS & ENGLISH」表彰式動画のBGM & SE の制作を担当させていただきました!英語教室の生徒さんたちが日頃の成果を発揮するコンクールで、表彰式は動画での配信となります。全編、気合い入れて作曲させていただいております!...

他とはここが違う!

近年、AI搭載のコミュニケーションロボットは各社がこぞって開発、発売していますが、このチャーリーくんは他とは一味違います。

歌う!

そう、彼はただしゃべるだけではありません。「歌って話す」んです!

まずはこの動画を見てください!

名前を読んだときの返事ですら、ピアノのコードに乗せてます。会話の内容によって曲調やジャンルも変化します。うーんカワイイ。

また動画を見てもわかるように、会話を重ねて続けることもできるみたいです。スゴイ!

歌と音楽が上達する!

会話を重ね、親密度を上げていくことにより、チャーリーくんの歌は上達し音楽もリッチになっていきます。日々の会話が楽しくなりますね。

ちなみに音楽ジャンルは約30種類。

見た目がカワイイ

シンプルだけど愛嬌のあるデザイン。蝶ネクタイみないなのがピカピカ光ります。うーんカワイイ。

常にテーブルの上に置いておきたいですね!

体験モニター募集中

2020年10月27日〜11月22日までの期間、商品プロトタイプの体験モニターを募集しているようです。

興味のある方は公式サイトから応募してみてはいかがでしょうか。

モニターの後、さらに製品開発を進め、2021年春の発売を目指すそうです。

発売が楽しみ!!

貴重な経験

今回はサウンドクリエイターとして製品開発に関わるにあたり、ボーカロイドをフル活用しています。

もちろんボーカロイドは所有していて何度も使っていますが、企業からの依頼でボカロをフル活用するのは今回が初。作業量的にも貴重な経験をさせていただきました。

開発に関わらせていただいた貴重なご縁に感謝です!

関連記事はこちら
音楽の話

楽曲コンペ!できれば準備したい機材

2018年11月18日
STUDIO-incho3 サウンドクリエーター 荒井智典 オフィシャルサイト
前回、楽曲コンペに参加するために必要な最低限の設備をご紹介しました。 今回はさらに制作の効率化とクオリティUPを図るため、追加であったほうが良い機材をご紹介します。具体的に …