自分のこと

【職業作曲家への道 その5】大手企業→ベンチャー

つづき

ロクデナシ企業から逃走した直後に見つけたヤマハ(株)の求人情報。

求人の職種は、当時全盛期だった「ケータイ着メロ」制作委任クリエーターでした。

さっそく作りためていたデモ音源を送付、面接までこぎつけ、なんとか採用をいただきました。そこから約7年間、制作クリエイター、ディレクターとしてお仕事させていただいました。

外注制作会社のディレクティングなどもさせてもらい、現在の仕事の基盤となる経験をさせてもらったと思います。

ちなみにこの時期に結婚しました。わーい。

作曲家デビュー

この頃に同じヤマハのクリエイターさんのツテで、ドラマCDのBGM作曲の仕事をさせていただきました。私にとっては、自分の曲が世の中に出た、記念すべき大きな一歩です。

しかもこの時のタイトルが「鋼の錬金術師」です。

ハガレンですよハガレン。

コミックCDコレクションvol.1 砂礫の大地

まだアニメ化される前段階で、爆発的な人気が出る直前ぐらいの作品ですが、それでも私の仕事歴のネームバリューとしては抜群ですよ。

この仕事を紹介してくれたクリエーターさんからは、他にも数件のお仕事をいただきました。本当に感謝しております。

着メロブーム終焉

さて、そんなことをしている間に着メロのブームも終焉してしまい、着メロの部署は解散。委任契約の私は放出されます。

ちょうど一人目の子どもが生まれたときでした。

 ヒドス(笑)

今にして思えば、着メロを作っている間にもっと視野を広げ、たくさん音楽活動をしておくべきでした。流行りに乗って安定を求めてしまい、ただ仕事をこなしていただけのこの時期、本当に反省しています。

その後、ヤマハでのキャリアを武器に就職活動を続け、韓国芸能情報サイトを扱うベンチャー企業に就職します。着メロや携帯ゲームの制作も行っている会社で、そこの音楽制作担当として採用されました。

 私の数少ない正社員としての勤務です(笑)

関連記事はこちら
考え方・働き方

人生なんて、どのタイミングでも変えられる。40代でも、50代でも、たぶん100歳からでも変えられる。

2020年1月29日
STUDIO-incho3 サウンドクリエーター 荒井智典 オフィシャルサイト
数年前、フリーランスとして独立する直前に、会社の上司が私に何気なく言った言葉があります。 上司 いやー、40歳越えてから会社辞めてフ …