活動・告知

DTM・音楽制作PCスペック〜購入してよかった機材一覧!【2020追加版】

以前「できるだけ貯金を意識せずに自己投資にお金を使う」を目標に掲げましたが、まずは当然仕事に使う音楽制作機材への投資をします。

通常であれば、仕事に使う機材にお金を使うのは当然です。

しかし、以前の私は考え方的にも収入的にもそれが出来ていませんでした。

「うまくいかないのは環境のせい」というネガティブ思考→現状維持思考→低収入という悪循環にハマっていたんですね。

今は自己研鑽にお金をかければ収入増につながっていくことが体感的に解ってきたので、可能な範囲で積極的にお金を使うようにしています。

今回は、2019年~2020年にかけて購入した音楽制作機材を公開します!

職業作曲家への道まとめ 〜私がサウンドクリエイターになるまで〜ここでは自己紹介を兼ねて、私が作曲家になるまでのブログ記事を時系列でまとめたいと思います。作曲家・サウンドクリエイターを目指す人の参考になるかも?...
貯金は意識せず、稼いだお金を自己投資に全部使うことにしてみるフリーランスのサウンドクリエイターとして独立して丸2年、ようやくある程度収入が安定してきたので、これからは貯金を意識せずに自己投資にお金を使ってみることにします。 お金を使うのって、けっこう度胸がいりますよね…。がんばって使うぞー!...

追加制作機材 ハード編

PC : Apple iMac 27inch(2017)

CPU : Core i7 4.2GHz
メモリ : 40GB
SSD : 1TB
メインDAW:Logic Pro X

PC自体は2018年に購入したiMacとLogic Proを継続して使用していますが、メモリ容量を16GBから40GBに増設。DAWのチャンネル数やプラグインの同時使用などはかなりの余裕ができました。

まあ、16GBでも不便を感じることはほとんどありませんでしたが、何となく精神的に余裕が出ます(笑)

Apple Watch 第5世代 GPSモデル

ウチは仕事用にMacが2台、iPadが1台、家族全員iPhoneユーザーという完全なるApple信者(笑)なので、スマートウォッチの選択肢もApple Watch 1択です。

仕事効率化のために購入しましたが、実際に使用したらものすごく健康に気を使うようになりました。予想外の効果。

【Apple Watchでできること】仕事効率化のために買ったけど、他にも色々な効果があった話Apple Watch Series5を購入して約3ヶ月。いろいろ便利なApple Watchの中でも、特に恩恵の大きかった機能をご紹介します。...

ASUSモバイルディスプレイ MB168B

もともとは据え置きの外部ディスプレイでデュアルモニター環境にしていましたが、iMacの27インチと据え置きディスプレイ27インチでは圧迫感がスゴイので、モバイルディスプレイを導入。

サイズも15インチと手頃で、ケーブル一本でノートPCと接続できるため汎用性は非常に高いです。かなりオススメ。

PreSonus FaderPort

以前から欲しかったフィジカルコントローラーも導入。

 Mix作業は確実にはかどるのですが、なにしろ長年マウスで画面ミキサーを操作していたクセが抜けず、使うのを忘れてしまうこともしばしば。

電源入れるとカラフルで、制作テンション上がります。

NI KOMPELETE KONTLOR A61

愛用していたRoland A-49も非常に使いやすくて良いのですが、こちらは鍵盤の大きさがA-49よりも少し大きくて演奏しやすく、NI KOMPLETE との親和性も高いので機種変更してみました。

本当はもうワンランク上のS61が欲しかったのですが、サイズ的にギリギリでデスクに収まらなかったため断念。とはいえ、必要機能はすべて備えており、制作においては全く不便はありません。

見た目もシックでカッコイイです。見た目大事。

YAMAHA THR-II

ギターほとんど弾けない私ですが、もっと上達したくて購入。

コレは楽しい!操作も簡単で音もなかなかの迫力。練習にも遊びにもうってつけのアンプシュミレーターです。がんばって上手くなるぞ~。

バッファロー SSD-PGC960U3-BA

1TクラスのポータブルSSD。プラグインシンセを多数購入したので、その格納用に購入。

DTMをするうえで、HDDからSSDに変更するメリットはとてつもなく大きいです。プラグインの読み込み速度はまさに爆速。ここはケチらずにいきましょう。 

追加制作機材 ソフト編

DAW:Cubase 9 + VOCALOID Editor for Cubase

仕事でボカキューを使う必要が出たためCubase 9を購入。

もともとヤマハ時代にCubaseもボーカロイドも社内で使用していましたが、フリーになってからは使用していませんでした。今後はボカロ関連の仕事も増えていきそうです。

ちなみに現在の最新版はCubase Pro 10とVOCALOID5のため、上記の組み合わせを新規で購入するのは困難です。たまたま最後の売れ残りをAmazonで購入することが出来ました…。

NI Komplete 12 Ultimate Collectors Edition

プロならば定番の大容量音源。実は今まで持っていなかったのですが、制作環境強化のために導入。

タイミングよく「短いフレーズを大量に作る」仕事が来たため、Session Guitaristなどのソフトが大活躍。あっという間に元を取れました。

キャンペーン中だったためCollectors Editionを導入しましたが、無印のUltimateで十分だったかも。

EMOTIONAL VIOLIN

ソロバイオリン音源。CHRIS HEIN SOLO VIOLINとどちらにするか非常に迷ったのですが、ベタ打ちで一気に仕上げた時のリアル感がEMOTIONAL VIOLINのほうが上に感じたため、こちらを購入。

これも2019年の仕事で大活躍してくれました。

Logic Proデフォルト音源のソロオーケストラ類は少々イマイチなため、ソロバイオリン音源は1つは持っていたほうが良いかもしれません。

Ivory II studio grand

ピアノ音源の定番中の定番。

ピアノ音源はLogic ProデフォルトのSteinwayでも十分なクオリティなのですが、ピアノ曲を大量に作る関係でどうしてもバリエーションが必要になり購入。

膨大なサイズの音源だけあり、生演奏感の再現は素晴らしいです。

まとめ

2019年に購入し、活躍してくれた音楽制作用機材一覧でした!

やっぱケチらずに必要なものを揃えていくと、クオリティも作業効率も大幅にアップします。この勢いでどんどんクリエイティブに活動していこうと思います~。

音楽制作にサブPCはやはり必要。今はまだタブレットよりノートPCを選ぼう 以前、私は音楽制作のメインPCとしてMacBook Proに24インチの外部モニターを接続して使用していました。 こうすることに...
楽曲コンペ!それは挑戦の日々プロ作曲家への登竜門、楽曲コンペをご存知でしょうか? 世の中に出回っているアーティストの楽曲の多くは、作曲家・作詞家から募集した作品から選出する「コンペ形式」で採用されています。私もダメ人間からの脱却を目指していた2010ぐらいからコンペ参加を続けています。一般的な平均勝率はわずか1%!勝ち残れるか!?...
スピーカースタンドとインシュレーター自宅の制作環境で使用しているスピーカーと卓上スタンド、インシュレーターをご紹介します。 スピーカーはヤマハMSP-5、スタンドはサウンドハウスのMST。インシュレーターはオーディオテクニカのAT6099を使用しています。...
関連記事はこちら