考え方・働き方

受注制作だけではなく、ストック型収入も絶対必要だと改めて感じた話【コロナ禍を前向きにとらえる】

コロナ感染症による緊急事態宣言やまん延防止措置が発令されるようになって1年以上が経ちました。

あらゆる業界が不況の煽りを受けていますが、当然私も例外ではありません。ここ最近は仕事も復調しつつはあるものの、やはり収入は大きく落ち込んでいます

インチョー

今まで通りのやり方を続けているだけでは、今後は通用しないというのを実感した1年になってしまいました。。

落ち込んでいても仕方ないので、ここは前向きに捉え、今後の働き方について考えていきたいと思います。

【仕事での男女差別と職業差別】新卒のとき、社長のけっこう強烈な差別発言を受け、私は無言で会社を去った新卒で入った会社で強烈なジェンダー差別発言を受けて会社を辞めたときのロクでもない体験談。納得行かないことに従ってはいけません。...

ゲーム業界専門転職エージェント『Hiraku agent』WEB登録プロモーション

受注型だけだと限界がある

企業からの発注が減少

コロナ禍以降、複数あった企業からの発注が大きく減ってしまいました。外出自粛やイベントの中止などの影響をかなり受けてしまった形になります。

やはり今後は受注制作だけでやっていくという考えは捨てざるを得ません

インチョー

…というか、今までも頭の中ではわかっていたんですよね。今後は受注制作だけではダメで、ストック型の収入も絶対必要だということは…。

ヨメサン

頭で理解してたのに、なんで今までやらなかったのよ?

インチョー

いや…。受注の仕事で収入は成り立っていたから、なんとなく後回しにしてしまってたんだよね…。

要するに、現状維持で安心してしまい、先を見据えての行動を怠ってしまったということです。

我ながら情けない時間の使い方をしてしまいました…。

初心を忘れていた

そもそも私の座右の銘は、

現状維持をしようとしていては、現状維持すらも出来ない

だったハズなのです。最近は仕事の忙しさにかまけて、このことをすっかり忘れていました。フリーランスになりたての頃の行動力が、今は絶対的に足りていません。

これはもう完全なる失敗。反省です…。

コロナ禍を前向きにとらえる

まあ、反省してばかりでも仕方ないので、ちょっと考え方を前向きにしてみます。

独立しなかったらヤバかったかも??

私が会社組織から離れたのは2017年。

独立前は、ほぼフルタイムで出社していたのにも関わらず、契約的には個人事業主といういわゆる雇われフリーランスのような働き方をしていました。

あのときは、会社に残るか、それともフリーランスとして本当の意味で独立するか散々悩みましたが、もしあのとき「会社に残る」という選択をしていたら、このコロナ禍で私はどうなっていたかを想像してみました。

大げさに言うと妻に人生救われた話。人生なんて40歳からでも50歳からでも、100歳からでも変えられる40歳を超えてからフリーランスになるのは遅いのか!?周りからの言葉に惑わされ、迷う私の背中を押したのは、嫁からの一言でした。転職や独立を考えている人はぜひ読んでください〜。...

2020年の4月以降はリモートワークが主体となってきましたが、私の契約内容では最悪の場合、出社しなければ報酬はまったくもらえなかった可能性がありました。

さらに中途半端に稼いでいたため国からの補助金などの受給対象にもならず、けっこう人生詰んでいた可能性すらあります。。

インチョー

そう考えると、あの時フリーランスとして独立しておいて本当に良かったと思えます…。

ヨメサン

まあアンタのことだから、会社に残る選択をしていたら「あのときフリーランスになんてならなくて本当に良かった〜」とか言ってそうだけどね。

インチョー

それはあり得るな(笑)

そして「新しいことを始めるキッカケになった」と考えれば、この自粛期間もそんなに悪いものではなかったとさえ思えてきます。

やっぱり、どんな状況でも前向きに考えないとダメですね。考え方さえ前向きなら人間は行動できます。行動さえすれば、人間なんとかなります。たぶん。

ストック型収入へのシフト

さて、考え方が前向きになったところで、実際に今後はどうしていけばいいのかを具体的に考えてみます。

今後もコロナ禍やリーマンショックのような突発的な不況は定期的に訪れるでしょう。

その対策として、いままで収入のほぼ全てを占めていた「受注制作」から「ストック型収入」の割合を大きく増やす方向にシフトしていこうと思います。

ストック型収入とは?

今までの私の働き方は「受注制作」が中心でした。企業から依頼を受け、それに対する成果物を提出して対価を得るという働き方です。

いわゆる単発型の働き方です。1件の報酬が大きければメリットもありますが、基本的には時間を切り売りする働き方になってしまい、本質はアルバイトなどとあまり変わりません

これに対し「ストック型収入」は蓄積型の働き方と言えます。データとして在庫を持ち、それを販売することにより長期的な収入を得ることを目指します。

単発型とは違い、データを1つ作ってしまえばそれを継続して販売することができるため、成果物をどんどん蓄積していくことができるメリットがあります。

今回のコロナ禍のように、急に企業からの発注が途絶えてしまったとしても、ストック型収入であれば継続的に収入を得られる可能性が高いです。

ストック型収入を目指す

ということで、まずは思いついたところからストック収入を増やす手段を考えていきます。

①Audiostock本格参戦

まずは音源販売サイト「Audiostock」に本格的に楽曲を投稿します。アカウント自体は持っていたのですが、投稿はほとんどしていなかったんですよね。。

今さらと言われるかもしれませんが、何もしないよりずっとマシです。後発でどの程度の成果が出るのか(出ないのか)を、今後このブログで公開していこうと思います。

要領がわかってきたら、Audiostockだけでなく自主販売とかもできるようにしていきたいなぁ。。

AudioStock参戦から半年!投入曲数と成果を公開します 著作権フリーBGM販売サイト「Audiostock」。 サイト自体の売上も順調に伸びているようで、登録されている楽曲数は2022...
【著作権フリーBGM】オーソドックスで使いやすい日常系BGM音源素材 おすすめの12曲【動画編集者向け】動画編集者に自信を持っておすすめできる、オーソドックスな日常系の著作権フリーBGM音源を10曲ご紹介します! ワンランク上の動画を作るためには、ハイクオリティな音楽が必須です。...

②ブログ運営

こちらも今まではそれほど力を入れていませんでしたが、2021年の3月以降は更新頻度を上げています。

おかげでまだまだ弱小ではありますがPVは少しずつ増え、アドセンスやアフィリエイト収入も少額ですが入ってくるようになりました。

ブログ読者を増やして、①の楽曲販売と相乗効果を生めればベストです。

…まあ、思惑通りにいくかどうかは分かりませんが、とにかくやってみます。

2022年1月、ようやく月間PVが25,000に達しました…。まだまだ先は長いです。

【ブログ25,000PV到達】少しずつ伸び率が良くなってきてるかも?2021年11月、月間PVが10,000まで到達。その後12月に18,000になり、2022年1月には25,000まで到達しました。このまま伸ばしていくため、今後はいろいろ施策を打っていこうと思います。...

③受注制作もいままでどおり継続

もちろん、従来からやっていたBGMなどの音楽制作の受注も継続します。

ブログのPVが上がってきたことにより、HPからの問い合わせも少しずつですが増えてきています。ここは私の軸となっている部分。当面の間は継続して制作を続けます。

ちなみにこの複合型フリーランスとしての稼ぎ方については、こちらの本が非常に参考になります。

音楽制作依頼・BGM作曲はお任せください 【あなたのイメージ、音楽に。】音楽制作のご依頼はお任せください。STUDIO incho3(すたじお いんちょーさん)では作曲・編曲をはじめ、動画BGM制作、CMジングル、劇伴音楽作曲など、幅広いジャンルでの音楽制作のご依頼を承っております。 クオリティが高いのは当たり前。最も重視するのは「お客様のご要望に最大限に応える」こと。コンテンツの魅力を最大限に引き出すためのBGMをご提供します。...

まとめ

当面は上の3つを軸に、活動量を増やしていきたいと思います。

最初からデカいことは言いません。まずは最低限のストック収入を実現するために行動・継続をしていきたいと思います!

やって出来ないことはないはず!

【人生を変えたければ環境を変えるしかない】無気力は感染する。妥協した環境にいてはいけない【転職・独立】【転職・独立】まわりが意識の低い人たちばかりなのであれば、思い切って環境を変えてしまったほうが自分の成長につながります。「現状維持をしようとしていては、現状維持すらもできない」私が常に意識している言葉です。日々、変化することを意識しよう。良くも悪くも、変化することが成長につながるはずです。...
関連記事はこちら
考え方・働き方

フリーランスでもロゴマークは必要!デザインにこだわって自分を表現しよう

2017年9月7日
STUDIO-incho3 サウンドクリエーター 荒井智典 オフィシャルサイト
わたしがフリーランスとして独立した時、まず最初に手掛けたのがホームページとブログの立ち上げでした。 当初、ある程度の仕事は独立前に勤 …
貧困問題

【経済格差解決】ロスジェネ世代に決定的に不足している能力は「他人に頼る力」自己責任という言葉の呪縛から逃れよう。

2022年1月8日
STUDIO-incho3 サウンドクリエーター 荒井智典 オフィシャルサイト
40代〜60代の求人・転職【OKジョブシニア】 ここ数年、生まれた世代を基準にして「〇〇世代」とひとくくりにして呼称 …
ゲーム

【ゲームと学力】小4の息子がドラクエ11をプレイしたら、語彙力と漢字力が一気に上がった話

2020年1月23日
STUDIO-incho3 サウンドクリエーター 荒井智典 オフィシャルサイト
先日、10歳の誕生日を迎えた小4の息子。いわゆる普通の小学生らしい素直な悪ガキに育っています。最近は絵を書いたりパソコンを始め …