音楽の話

楽曲コンペ!結果を出すために参考にしたい本 5選

楽曲コンペって、参加してる人や興味のある人の数に対して、世の中に出回っている情報が極端に少ないですよね。

このブログではコンペ用作曲のノウハウや心構えなんかも記載していますが、もっと腰を据えて勉強したい人のために参考になる本をいくつかご紹介します。 

本気で楽曲コンペに取り組むなら、どの本も必読です!絶対に役に立ちます。

楽曲コンペ!それは挑戦の日々プロ作曲家への登竜門、楽曲コンペをご存知でしょうか? 世の中に出回っているアーティストの楽曲の多くは、作曲家・作詞家から募集した作品から選出する「コンペ形式」で採用されています。私もダメ人間からの脱却を目指していた2010ぐらいからコンペ参加を続けています。一般的な平均勝率はわずか1%!勝ち残れるか!?...
楽曲コンペ!作曲の段取りを実際の曲を使って大公開!楽曲コンペにおける作曲の具体的な手法・段取りを、実際に提出した楽曲をサンプルにして公開します。 楽曲コンペは発注から締め切りまでが1週間程度であることが多いです。作り始めはノリと勢い。時間をかけるべきは仮歌の調整。...

おすすめ本 5選

あきらめない練習 植松努 

いきなり音楽とは関係ない本です(笑)でもこのタイトル、おそらく楽曲コンペにおいては一番大事なのではないでしょうか。

なんつっても実力があることを前提に採用率1%とか言われてる世界です。自信満々でチャレンジ開始するものの、多くの人は4~5曲目ぐらいで心が折れて撤退します。それぐらい厳しい。

この本は「どーせ無理」という考えを徹底的に排除し、「だったら、こうしてみたら?」という問題解決への前向きな姿勢がもっとも大事だということを教えてくれます。コンペとは直接関係はありませんが、心構えを学ぶうえで非常に参考になります。

植松氏の本はどれも前向きになれるのでオススメですよ。

これが知りたかった!音楽制作の秘密100 島崎貴光

作曲編曲はもちろん、作詞からミックスに至るまで具体的な制作手法が書かれており、本当に役に立ちます

DTMerはどうしても独学に偏りがちですが、この本を読めばプロのクリエイターによる各種ノウハウを取り入れることができ、制作にも自信がつくと思います。

特に第8章「メンタル&アクション編」は必読です。

これからはじめるDTMerのためのやさしい基礎知識 藤本健

DTMによる曲作りの基本を学びたいのなら、この本で決まりです。

PCで作曲するために押さえるべきポイントはすべて網羅しています。楽曲に個性を出すためにも、この本の内容は一通り理解しておきたいところです。

「作詞作曲はできるのでコンペに参加したいけど、DTMはちょっと苦手」なんていうシンガーソングライターさんにもオススメです。

職業作曲家への道 山口哲一

コンペに関してはもちろんのこと、ゲームや劇伴などで活躍する現役クリエイターのインタビューはとても面白いです。

J-POPに限らず、音楽業界でプロを目指すのであれば必読の1冊です。

音圧アップのためのDTMミキシング入門講座! 石田ごうき

 自称「音楽おじさん」石田ごうき氏の著書。フェーダー操作からEQ、コンプまで、DTMミキシングの基礎がわかりやすく学べます。

著者の石田ごうき氏はツイッターの発言も非常に面白いです。ミュージシャンを目指す人ならばフォローして損はないと思います!

まとめ

どの本も非常に参考になりますが、音楽関連の本は一般書店にはあまり置かれていません…。

島村楽器などの書籍を扱う楽器店や、Amazonなどを常にチェックしておきたいところですね。

楽曲コンペ!イントロと頭サビ、どちらが良いのかを考察イントロか?頭サビか?楽曲コンペで提出する曲は、1コーラス構成(Aメロ-Bメロ-サビ-エンディング)で1分半〜2分程度におさめるのが一般的です。この短さだと、やはり冒頭のインパクトがかなり重要になってきます。...
スピーカースタンドとインシュレーター自宅の制作環境で使用しているスピーカーと卓上スタンド、インシュレーターをご紹介します。 スピーカーはヤマハMSP-5、スタンドはサウンドハウスのMST。インシュレーターはオーディオテクニカのAT6099を使用しています。...
関連記事はこちら
音楽の話

再開発で消える『エレクトーンシティ渋谷』

2018年12月2日
STUDIO-incho3 サウンドクリエーター 荒井智典 オフィシャルサイト
現在、渋谷駅南西部の再開発のため桜丘町周辺の解体工事が進められている最中です。 この再開発地区にエレクトーンシティ渋谷というヤマハのビルが含まれています。この施設、私にとっ …